CentOS 6.5 に Elasticsearch をインストールする

Posted on

CentOS 6.5 に Elasticsearch をインストールする機会があったので、忘れないようにメモしておきます。特別なことはしてなくて、ほぼドキュメントのままです。

OS とミドルウェアのバージョンは以下のとおり。

  • CentOS 6.5 (x86_64)
  • OpenJDK 1.7.0_51
  • Elasticsearch 0.90.11

OpenJDK のインストール

Elasticsearch は Java で書かれているので、まず JDK をインストールします。今回は OpenJDK を使いましたが、Oracle Java でも大丈夫です。

# yum install java-1.7.0-openjdk

# java -version
java version "1.7.0_51"
OpenJDK Runtime Environment (rhel-2.4.4.1.el6_5-x86_64 u51-b02)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.45-b08, mixed mode)

Elasticsearch のインストール

Elasticsearch 本体をインストールします。展開してシンボリックリンクを張るだけです。

# cd /usr/local/src/
# wget https://download.elasticsearch.org/elasticsearch/elasticsearch/elasticsearch-0.90.11.tar.gz

# cd /usr/local/
# tar xf /usr/local/src/elasticsearch-0.90.11.tar.gz
# ln -s elasticsearch-0.90.11 elasticsearch

RPM も用意されているので、CentOS ならそっちのほうが楽かもしれません。

Kuromoji プラグインのインストール

形態素解析器の Kuromoji プラグインをインストールします。

# /usr/local/elasticsearch/bin/plugin --install elasticsearch/elasticsearch-analysis-kuromoji/1.7.0

正しくインストールできれば /usr/local/elasticsearch/plugins/ に analysis-kuromoji ディレクトリができます。

2014-02-06 21:50 追記

バージョンの組み合わせは GitHub のページを参考にしてください。 Elasticsearch 0.90.11 の場合、Kuromoji の対応バージョンは 1.7.0 です。

自分はこれを知らずにうまく動きませんでした。ご指摘いただいた @johtani さんに感謝!

起動スクリプトのインストール

起動スクリプトがあったほうが何かと便利なので、合わせてインストールします。

# cd /usr/local/src/
# curl -L http://github.com/elasticsearch/elasticsearch-servicewrapper/tarball/master | tar xz

# mv *elasticsearch-servicewrapper*/service/ /usr/local/elasticsearch/bin/
# rm -r *elasticsearch-servicewrapper*/

# /usr/local/elasticsearch/bin/service/elasticsearch install
Detected RHEL or Fedora:
Installing the ElasticSearch daemon..

これで /etc/init.d/elasticsearch が作られます。実体は起動スクリプトへのシンボリックリンクです。 chkconfig コマンドで自動起動の設定もできるので、必要に応じて変更してください。

あとは、いつもどおり service コマンドで起動できます。

# service elasticsearch start
Starting ElasticSearch...
Waiting for ElasticSearch......
running: PID:1744

もっと複雑なミドルウェアかと思っていましたが、インストール自体はシンプルです。