Wake On LAN で離れたマシンの電源を入れる

Posted on

職場ではメインに Fedora、サブに Windows を使っています。 Windows は Fedora からリモートデスクトップでログインしています。

Windows マシンは少し離れたところにあるのですが、電源を入れるためだけに席を立つのが面倒なので、WOL (Wake On LAN) で Fedora が立ち上がったら Windows も電源が入るようにしました。

設定方法

まず Fedora に WOL のクライアントをインストールします。 CentOS の場合は EPEL リポジトリからインストールできます。

$ sudo yum install wol

wol <相手の MAC アドレス> で電源を投入できます。手動で叩いて電源が入ることを確認できたら、起動時にこのコマンドを叩くようにします。 Xfce だと「設定」→「セッションと起動」→「自動開始アプリケーション」から追加できます。

セッションと起動

ちなみに、自分の Windows マシンは BIOS で WOL が無効化されていました。うまくいかない場合は BIOS の設定を確認してみてください。

あと、電源を入れるマジックパケットはブロードキャストで送信されるのでルータを超えては届きません。