副業を始めてから睡眠時間を増やしている話

Posted on

omoiyari.fm に知り合いの吉田さんこと @kakakakakku さんが出演されていたので楽しく聞かせてもらいました。

冒頭の 5 分を聞けば、吉田さんの意識の高さや行動力に驚かされると思います。吉田さんとは年齢も近く、得意とする分野もかぶっているので、自分にとっては良きライバルでもあります。

個人的に気になったのが、冒頭 3 分 13 秒あたりの次の会話です。

睡眠時間もね、一応だいたい見ていて、できるだけ少なめに少なめに。

これを聞いて、Twitter にこんな感想を書きました。

Twitter の 140 文字では正しく伝えられないので、ブログに自分の考えをまとめておきます。

睡眠時間を削らないワケ

2017 年から個人事業主として開業します」にも書いたとおり、今年から本業の傍ら個人事業主として開業し、主にスタートアップへ技術支援を行なっています。

本業の勤務時間はそのままで、週 8 時間を個人事業の仕事に割り当てています。週の中で 8 時間を捻出しなければならないので、手っ取り早く時間を作るなら睡眠時間を削れば良さそうです。ですが、それは絶対にやりませんし、実際には睡眠時間を増やしつつあります。

もともと 6 時間くらいでしたが、最近は 7 〜 7.5 時間の睡眠を取っています(日曜日は昼寝の時間も含まれています)。 Fitbit を付けているので、睡眠時間は正確にトラッキングできています。

Fitbit の睡眠時間グラフ

肝心の理由ですが、どれも当たり前のことばかりです。

  • 睡眠時間を削って本業に影響が出れば本末転倒になってしまう
    • 副業をやっているからこそ、より本業で成果を出したい
  • 睡眠不足で成果が出せていない人は周りから見れば簡単に見抜ける
  • 副業の時間を確保するために、本業の仕事を集中して終わらせないといけない
  • 副業であってもプロとして引き受けているので、ベストな状態で成果を出したい

個人差はあると思いますが、自分の場合は睡眠不足だと明らかにパフォーマンスが落ちます。その状態でこなした仕事にはミスも多いです。睡眠時間を削ることは長い目で見れば必ず悪影響があり、周りにも迷惑をかけるかもしれないのです。

睡眠時間を削って捻出した時間は、自分が思っているほど価値がありません。 語弊を恐れずに言えば、その時間は価値を生み出しているのではなく、将来の負債を生み出しているのです。

「どうやって時間を作り出すか?」「どうやって効率化するか?」よりも先に、まずはぐっすり眠ることが何よりも大切です。短時間睡眠で酔っ払いのような脳みそで何を考えても大した成果は出ませんし、それはプロとして失格だと思うのです。